1:名無しさん:2012/06/13(水) 11:23:53.51 ID:???
6月13日(ブルームバーグ):イタリアのモンティ首相は増税が裏目に出始める兆候を
目の当たりにしている。

今月5日に公表された政府統計によると、イタリア経済がリセッション(景気後退)に
陥りつつある中、ベルルスコーニ前首相が昨年9月に付加価値税(VAT)の税率を
1ポイント引き上げて以来、同税の受取額は減少。
4月末までの1年間の徴収額は2006年以降で最低に落ち込んだ。

財政目標の達成を目指すモンティ首相にとって、適切な赤字削減の組み合わせを
見いだすことは、イタリアが欧州金融危機で最大の犠牲者になる事態を回避する上で
極めて重要。
欧州全般に財政緊縮策への反発が広がり、不況で社会保障費は増大しているだけに、
モンティ首相は緊急にイタリア経済の競争力向上に取り組む必要に迫られている。

ハーバード大学のアルベルト・アレジーナ教授(政治経済学)は
「この政府は増税し過ぎた」と述べ、「歳出を減らす方がはるかに良い」と指摘した。

モンティ首相は13日、スペインによる救済要請方針の表明後では初めて議会で
証言する。スペインの救済要請を受けてイタリアが投資家の次のターゲットにされる恐
れがあるが、格付け会社フィッチ・レーティングスのマネジングディレクター、
エド・パーカー氏は12日、イタリア財政はスペインより良い状態であるため、
イタリアに救済が必要になる可能性は低いとの見解を示した。

VAT税収の減少を示す数値を受け、同国政府は税率をさらに2ポイント引き上げる
措置の延期を迫られる可能性もある。
モンティ首相はVAT増税を延期するため、歳出見直しで見込む40億ユーロ強の
節約分を利用する計画だった。首相側近らも増税によるリセッションの深刻化の
可能性を認めている。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M5J56U6K50XS01.html
2:名無しさん:2012/06/13(水) 11:24:42.89 ID:eHdZ2zug
イェーイ!野田さん読んでるー?


4:名無しさん:2012/06/13(水) 11:24:49.73 ID:tyFt2WdT
公務員は不景気が好きだからなー


6:名無しさん:2012/06/13(水) 11:28:49.19 ID:eHdZ2zug
3つ方法がある
1.消費税やVATのような定率税での増税+歳出抑制 →有効需要が減退(今回、税収減のかたちで実証された)
2.増税せず歳出カット →有効需要が減退
3.所得税や相続税などの各税率や所得控除の調整による累進強化+歳出拡大 →有効需要拡大
ただし3をやるなら貿易や国際資本移動に多少の制限をかけて国内の投資乗数を引上げてやる必要もある


22:名無しさん:2012/06/13(水) 11:54:30.02 ID:eHdZ2zug
>>6の3という手がある。これは歳出拡大で経済成長とも言えるが。


81:名無しさん:2012/06/13(水) 13:46:53.66 ID:RPtRhViv
「減税により経済成長」と言ってる人間は、
前提が間違っている。
たぶん乗数効果の改善だけで経済が良くなると思ってるのだろう。

だが、実際は流動性選好が高い現在のような状態だと、
利益が出る経済活動にしか資金が集まらず、
結果的に経済が乗数効果ほどの改善をしないと考える。

だから>>6は3.のあとに「貿易や国際資本移動に多少の制限をかけて」といった条件を追加している。


84:名無しさん:2012/06/13(水) 13:54:35.29 ID:eHdZ2zug
>>81
開放経済では制限がなければないほど、国内の投資乗数1/{1-c+m}が下がる(cは限界消費性向、mは限界輸入性向)。
ロイ・ハロッドやリチャード・カーンが大昔から指摘していてケインズも開放経済ではこうなると言ってるイシュー。
閉鎖経済なら投資乗数は1/1-cでcだけでも厄介なのに開放経済では厄介なmが出現。


87:名無しさん:2012/06/13(水) 13:57:43.82 ID:eHdZ2zug
>>81
84の1/1-cは1/(1-c)の意味。


7:名無しさん:2012/06/13(水) 11:35:19.02 ID:arWWx8jW
付加価値税率1ポイント引き上げたから税収減少したのか
そうでなくとも景気の落ち込みで減ってたのか


170:名無しさん:2012/06/13(水) 15:34:35.23 ID:t0nUz5hH
>>7
可処分所得は1%分確実に減るんだからそれが景気引き下げ要因になるのは確実だ。
つまり税収を増やすと言うなら、その需要を何らかの方法で創出しなきゃならない。
景気拡大局面でもないのに増税とか頭おかしい。
総理の顔見て誰もが納得するだろう。


8:名無しさん:2012/06/13(水) 11:37:52.98 ID:jvNV5dQs
政権交代が最大の景気策だとほざいてた民主は
今すぐ有言実行して政権を譲ってみたらいいんじゃね?

ダメなら変えればいい(by 民主党)なんだしwww


9:名無しさん:2012/06/13(水) 11:38:02.64 ID:3e8WPQxx
増税≠増収


11:名無しさん:2012/06/13(水) 11:38:44.97 ID:joAJdQmY
こういう時、間違っても欧州はこうだからと引き合いには出されない


12:名無しさん:2012/06/13(水) 11:39:45.56 ID:/H4NZ7Sd
金が有り余ってる層から税金取らないと逆効果にしかならない


14:名無しさん:2012/06/13(水) 11:40:45.72 ID:rPpnsp8c
>付加価値税率1ポイント引き上げたから

日本は倍にするんだよ。

かなりの不景気になるだろ。


19:名無しさん:2012/06/13(水) 11:50:09.93 ID:gMzhEJZY
増税で経済成長www


22:名無しさん:2012/06/13(水) 11:54:30.02 ID:eHdZ2zug
>>19
増税で経済成長なら>>6の3という手がある。これは歳出拡大で経済成長とも言えるが。


20:名無しさん:2012/06/13(水) 11:50:28.80 ID:7pXI/AU2
増税して行政の無駄な肥大化ばっかってギリシャのようにする野田民主の政治ではな
国内の景気雇用に少子化問題は確実に悪化する
社会保障不安は問題の根本部分の更なる悪化を導くばかりの本末転倒な政治だわな


21:名無しさん:2012/06/13(水) 11:50:34.56 ID:1WZaLj9u
野田「イタリアで悪化しても、日本では何故か税収が上昇します。そうなって欲しいからそうなるんです」


23:名無しさん:2012/06/13(水) 11:58:07.40 ID:PvfnF9HD
野田の真のお仕事は、日本を潰して韓国を有利にする事です。


24:名無しさん:2012/06/13(水) 12:01:55.91 ID:ZYnQF5dY
イタリア、3ヶ月以内にデフォルトします。

マジレス


26:名無しさん:2012/06/13(水) 12:08:15.19 ID:eCIn5Ham
増税したら税収が増えるとか考えてる阿呆は
一度信長の野望でもやってみるがいい


31:名無しさん:2012/06/13(水) 12:14:04.24 ID:eoYFpKHn
当たり前の結果。
不況時に増税して財政再建とか本気で考えてるバカが
日本にも大勢いるんだから困っちゃうよ。


32:名無しさん:2012/06/13(水) 12:17:57.14 ID:Bfv45REx
1997年に諸費税を3から5%にして
たった2%で日本は景気がさらに落ち込み
失われた10年を確定した。
そして失われた20年のスタートが切られた。
増税すれば消費が落ち景気が悪くなる、結果税収は落ちるという
当たり前の事が分からない野田首相は大馬鹿だ。


38:名無しさん:2012/06/13(水) 12:33:35.58 ID:uLO7OuoO
財務省とか日銀はイタリアと日本は違うとか言い出すよ。


41:名無しさん:2012/06/13(水) 12:46:53.42 ID:5tjv1G5j
今でも滞納多いのに、零細企業は払えるのか?
一般人は確実に払ってるけど


44:名無しさん:2012/06/13(水) 12:51:09.83 ID:BL0kNmWu
>>41
払ってないよ
払ってるのは企業であり底で働く人の人件費が削られる
一般人はデフレで安く買えるのが消費税
それ以上に働く人の収入は減るがな
年金やナマポや公務員には消費税は有利


43:名無しさん:2012/06/13(水) 12:50:04.11 ID:E1B00Cvd
増税→消費抑制(税収減少)→緊縮財政→雇用悪化(税収減少)→増税

どこかの国も長い事やってるよなw
それでも尚、構造改革(緊縮)や道州制(日本版EU)が国民に受けてるらしいじゃんwww

どこの国も愚民から投票権取り上げるまで負の連鎖は続くなw


45:名無しさん:2012/06/13(水) 12:53:27.76 ID:BL0kNmWu
>>43
逆だろ
民意を無視して増税してるんだから
もっと民意を反映できる選挙制度にしないといけない
小選挙区は糞


55:名無しさん:2012/06/13(水) 13:07:06.67 ID:eHdZ2zug
>>45
小選挙区というか選挙区制度はすべて糞。ヒトを選ぶ制度は糞。政党を選ぶ比例代表制がいい。
比例代表制はそのままだとワイマール・ドイツのような政党乱立の弊害があるが、これは政党最低得票率(脚きり制度)を5%なり10%なり設けることで実は政党乱立は簡単に防止できる。


60:名無しさん:2012/06/13(水) 13:09:36.00 ID:cA4SyRjj
>>55
プーチンロシアのシステムだな


61:名無しさん:2012/06/13(水) 13:10:08.20 ID:Y4+TW0Rq
>>45
三橋がチャンネル桜6月2日 




で中野が80年代のキャッチコピー第一の印象論がまだ蔓延ってるっていってたのを
定義を明確にして潰していくみたいなこといってた。この回は神回だった。


50:名無しさん:2012/06/13(水) 13:02:52.11 ID:Y4+TW0Rq
よく知りもせず「国の借金がー」とかいってビビってるバカなんて放っておいて
とにかく政府が金を使って(将来への投資という点では公共事業が一番有意義だけど)
増税?今回減収したけどまだ何か文句あんの?


56:名無しさん:2012/06/13(水) 13:07:07.04 ID:r1Nc/Cr3
景気後退期に増税はやっちゃいけないんだよねやっぱり
あくまで割合だから拡大期にやるのもどうかってところだけど


59:名無しさん:2012/06/13(水) 13:09:28.40 ID:eHdZ2zug
>>56
所得自動連動型の増税をやる。つまり実効累進性を引き上げる。各所得に応じた料率のスケジュールや所得控除や還付・給付などの調整をして実際の支払い分で考えて累進が強化されているようにすればよい。


62:名無しさん:2012/06/13(水) 13:12:02.07 ID:kqhypFrT
いつの時代も増税政策だけで税収が増えることはない
景気対策とあわせてやらないことには


65:名無しさん:2012/06/13(水) 13:13:32.37 ID:Y4+TW0Rq
>>62
いや、減税で経済成長による増収がベター。


68:名無しさん:2012/06/13(水) 13:18:48.18 ID:eHdZ2zug
>>65
非現実的。増税+公共投資を中心に歳出拡大、で経済成長&公的財政改善が現実的。>>6の3。


70:名無しさん:2012/06/13(水) 13:28:26.35 ID:tGYbXlyN
野田というバカも同じことしようとしてる


78:名無しさん:2012/06/13(水) 13:40:58.21 ID:cA4SyRjj
増税しつつ公的支出増やせば強制的に需要増やせるが
日本はすでに家計貯蓄率は世界的に見てかなり低いということも留意すべき
これ以上の増税では家計貯蓄率がマイナスに落ち込み国債安定消化を妨げる
現状で実現可能な需要喚起策はインタゲしかないだろう


82:名無しさん:2012/06/13(水) 13:47:58.12 ID:eHdZ2zug
>>78
家計の「非政府部門への貯蓄」の増加率は負にするのがよい。では家計の「政府部門への貯蓄」とは何か?答えは税などの社会負担。
(続く)


83:名無しさん:2012/06/13(水) 13:50:00.79 ID:eHdZ2zug
>>78
82の続き。家計の貯蓄は政府部門への貯蓄と非政府部門への貯蓄の2つにわけられる。
後者は一般的に言うところの貯蓄だが、ケインズのヴィジョンでは前者と後者合わせて貯蓄、というより貯蓄は消費の剰余項にすぎない。
今期の(家計)所得のうち今期のうちに消費しない分はすべて貯蓄という意味。


79:名無しさん:2012/06/13(水) 13:42:10.13 ID:eHdZ2zug
ケインズによると、この手の経済停滞の改善法は住宅政策。政府投資によって国民に住宅を割り与える、というだけでは不十分。
街のサイズや構造、住宅や敷地のサイズなど、を改善した住宅がいきわたるような誘導をする政策(税制や土地利用の諸制度変更や具体的な財政支出)をいろいろ打つ。
(続く)


80:名無しさん:2012/06/13(水) 13:44:13.88 ID:eHdZ2zug
>>79の続き。ファニーメイやフレディーマックなど公的金融機関を用いても建設計画策定そのものが民間主体だとこの類の総合性や首尾一貫性がないから、先に言った総投資ポートフォリオの問題からバブってはじけて終了とアメリカみたいなシナリオになる。


85:名無しさん:2012/06/13(水) 13:56:39.64 ID:VYJ3m3ou
政府の債務ばかり見てるからアレだが、国全体で言えばプラス
カネ余り状態
それが無能な役人連中に渡ったところでろくなことになるわけがない
無駄な橋、無駄な道路、無駄なダム、穴ぼこの掘り返し、極めつけはカネのばら撒き
消費して経済を回してる人々からこんな阿呆にカネを渡せば経済がよくなるか?
園児でも分かるだろ
まずは役所が税収以上に公に役に立つような組織になること
増税云々はそれからだ


88:名無しさん:2012/06/13(水) 14:00:57.12 ID:eHdZ2zug
>>85
橋、道路、ダムの修繕や、老朽化したのを壊して同じ場所か近辺へ新設するのは、とてもよいこと。
理想です。特に北関東~上信越~東北はいますぐやらなければならない。他地域の大都市部の公共財も。


91:名無しさん:2012/06/13(水) 14:04:21.33 ID:RPtRhViv
>>85
無駄な橋や無駄な道路などない。
結果的に効率的な使用が行われていないというだけ。

田舎はまだまだ道路が必要なんだよ。
流通が改善していけば新たなビジネスが生まれるかもしれない。
同じように無駄と思っていたダムが有効活用されるビジネスが生まれるかもしれない。
マスコミのいう事を信用するな。


96:名無しさん:2012/06/13(水) 14:09:43.44 ID:VYJ3m3ou
>>91
無駄どころか邪魔
フェリーやらの運航が困難になったり経済の邪魔したり
高速道路、高速鉄道で途中の町をすっとばしたりな


101:名無しさん:2012/06/13(水) 14:13:14.34 ID:eHdZ2zug
>>96
高速道路や高速鉄道とその他の案件とを混同してはいけない。
これらは財(・サービス)の供給力を引上げる案件(供給のボトルネックを解消する案件)であり、東京⇔大阪といった需要が非常に大きいところに敷くと所得が増える。
需要がはじめから小さいところに敷いても所得は増えない。


116:名無しさん:2012/06/13(水) 14:38:44.55 ID:VYJ3m3ou
>>101
供給過多の時代に寝ぼけてんのかね
供給増やせば買い叩かれて所得が減るっての


120:名無しさん:2012/06/13(水) 14:43:59.43 ID:eHdZ2zug
>>116
ちゃんと嫁。このおっちょこちょいが。


124:名無しさん:2012/06/13(水) 14:50:07.63 ID:RPtRhViv
>>120
いやいや、新たな債権って意味ではなく、
付加価値の創出の成功例として出しただけ。

正直、地球温暖化なんて詐欺としか私は思ってないし。
でも、それが買い替え需要を生み出したという事実は消えない。
政治ってのはそういった価値観の創出が出来る立場。


134:名無しさん:2012/06/13(水) 15:05:04.34 ID:VYJ3m3ou
>>120
そもそも効率がよくなると経済(カネの循環)が縮小しちまうんだよ
お前は根本的に間違ってるよ
道路やら整備されてなく高速道路がなかった時代はちょっと離れたとこに仕事をいくにも
宿にとまったから、宿屋が潤う。
それが今や日帰り。
労働力は変わらんどころか、くたびれるのに当然その分客から値切られる
高速道路様様だわな
実害が出てるのにお前みたいなボンクラ役人にたらればでやられるとたまったもんではないわ


141:名無しさん:2012/06/13(水) 15:09:01.17 ID:eHdZ2zug
>>134
俺のIPを追いかけて読めばなぜそういうことになるのか、じゃどうしたらいいのか、が書いてある。


161:名無しさん:2012/06/13(水) 15:23:15.61 ID:VYJ3m3ou
>>141
>消費税にはインフレ抑制の効果がある。

これか?
公共事業をやりながら増税でインフレ抑制とか
巷でデフレの心配してるのにアホすぎるわな
>>1くらい読めよ
消費税にインフレ抑制(ユーロ崩壊抑止)効果なんかないって書いてあるがな
バブルん時にインフレ抑制するには緊縮やら金融引き締めやれば簡単
それはこの国のボンクラ政府が立証済み


86:名無しさん:2012/06/13(水) 13:57:00.31 ID:RPtRhViv
規制緩和による市場開放が消費者の利益に繋がる一方、
消費者の雇用や所得を奪っているのが現状。

これを改善する為に、
「消費者の消費傾向を是正する」政策を出すべき。
それはズバリ「消費者の雇用や所得を上げる製品」作り推進の政策。
各企業に利益の使用目的を提出して貰い、株主よりも労働者に還元しているか、
政府で監督し評価して消費者の目に見えるようにする。
「環境性能基準☆☆☆」のように「雇用促進基準☆☆☆」のような表記を各製品にしていく。
これにより株主に配慮しつつも、労働者賃金を改善する事で、利益が向上するような風潮を政府が作るべきだ。


93:名無しさん:2012/06/13(水) 14:04:55.23 ID:eHdZ2zug
>>86
既存の消費財市場は供給力が大きい。しかもその供給力の拡大を支えているのが他でもない種々の規制緩和と低金利政策。
したがってそれはあまり効果がないと思う。
(続く)


95:名無しさん:2012/06/13(水) 14:07:51.64 ID:eHdZ2zug
>>86
93の続きで、それよりもまず1)先進国各国同時に公共投資を増やす、2)すぐ(≒同時)に種々の規制(貿易や国際資本移動含む)の強化に着手、3)同時に低金利政策をしばらく維持
1)は最近世界ではこの流れ。2)が政治的に一番難しい


102:名無しさん:2012/06/13(水) 14:17:47.41 ID:RPtRhViv
>>95
2)はタックスヘイブンなども完全に規制出来るかって話?
多国籍企業は逃げ道が幾らでも作れそうな気がしますが。
現在GDPを基準に国力を考えているのは、その辺りがヤヤコシイからでしょう。
GNPの時代に戻していくような事が本当に出来るのでしょうか?


106:名無しさん:2012/06/13(水) 14:22:27.89 ID:eHdZ2zug
>>102
タックスヘイブンでなく、タックスヘイブンと自国の間の金融取引に規制を掛ける。実際に、昔は普通にどこの国でもやっていたこと。
多国籍企業なら余計に逃げられないよ。いくつかの巨大企業は解体することになる。
本当にできるかどうか考えるのは、経済学の範疇じゃなくて、政治学の範疇。


99:名無しさん:2012/06/13(水) 14:11:43.55 ID:7Q/a8sKT
>>86
雇用促進基準☆☆☆は面白いね
俺もdellとHPのパソコンでどっちを買うか迷ったけど
HPは日本国内に組立工場があるって聞いてそっちを選んだ。

個人的にはわかる範囲でやってるけど、そういう指標があると
なお良いよね


107:名無しさん:2012/06/13(水) 14:22:53.79 ID:RPtRhViv
>>99
ありがとう。
もちろん、これだけで国内経済が良くなるなんて思ってないが、
現在は企業だけでなく、消費者の価値観も「価格」だけが評価基準になっていると思う。
政府は新たな価値観を創造することで、
経済活動の付加価値を創造するべきだと私は思う。

その為に、消費者へアピールするだけでなく、
経営者には減税、株主へは売上増による利益確保。
この鼎立をゆっくりと進めていく必要があると思う。

マネーを増やすのではなく、新たな価値観を創造することで、先進国の経済は発展していくと私は思う。


110:名無しさん:2012/06/13(水) 14:25:38.57 ID:eHdZ2zug
>>107
まあ、特定の財市場でそういった一種の供給規制を設けるということ自体はその財市場の供給力を抑えることになるからね。
そうすればその財の販売価格は上昇する。


117:名無しさん:2012/06/13(水) 14:40:11.78 ID:RPtRhViv
>>110
正直、アメリカのゴア元副首相がやった手口を矮小化しただけ。
だけど、それが成果を上げてCO2排出権なんてものが先物市場に出来る位に可能性はあると思う。

本物の付加価値を高めていけば経済は立ち直る余地がある。
今現在は本物の価値が、偽物に引き摺られて過小評価されている。
マネーだけ増加させても、偽物に本物並みの価格を上乗せする詐欺まがいの企業を増やすだけだ。
政府は本物の価値を再評価して、消費者が選別できるようにしていくべき。
それが出来ていない現状で、本物を作ろうとする人材が育つはずがない。


120:名無しさん:2012/06/13(水) 14:43:59.43 ID:eHdZ2zug
>>117
やめて><新種の証券市場だなんて。貨幣供給の増加分が「取引動機の貨幣保有」からますます「投機動機の貨幣保有」(専門用語)に流れてますます有効需要が下がる。


90:名無しさん:2012/06/13(水) 14:01:08.37 ID:FP3aH+xS
日本でも過去に消費税を上げた瞬間、
景気がどうなったのか二度ほど経験しているハズなんだが・・・
どうやら国会議員の連中は鳥の脳ミソ程度の記憶しか無いらしい


100:名無しさん:2012/06/13(水) 14:12:02.00 ID:r9+EuudD
増税で景気回復なんてまずあり得ないのはまともな脳みそしてれば言わなくてもわかるだろ


104:名無しさん:2012/06/13(水) 14:20:17.68 ID:eHdZ2zug
>>100
わからない。


109:名無しさん:2012/06/13(水) 14:25:21.03 ID:7Q/a8sKT
>>104
さっきからeHdZ2zug氏が能書きたれてるけど
「増税で景気回復しない」って思ってるヤツの方が「増税で景気回復する」
って思ってるヤツより多いだろ。

経済学なんちゅーもんは、結局のところ「集団心理=個々人の心理の積分結果」
なんだから、少なくとも日本においては「増税で景気回復」ってのは難しいと
思うよ。


112:名無しさん:2012/06/13(水) 14:29:08.36 ID:eHdZ2zug
>>109
多いから問題なんだよ。>>6の1の支持者か2の支持者が大半。これが諸悪の根源。
ケインズが指摘するように集団心理(美人投票)は証券市場の話。経済を良くする云々という長期的期待は別のメカニズム。


  • コメント( 2 )
  • トラックバック( 0 )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック